eigo21トップページへ      


ぶらりボキャブラ散歩
今日の 気まぐれ英語慣用句 
               
英語慣用句アルファベット順索引
アーカイブス(単語) アーカイブス(慣用句)
音声ファイルがいっぱい! ひとことENGLISH
英語以外の外国語引用索引(主に単語) 
英語以外の外国語引用索引(主に慣用句)
サイト内検索
.土日の更新はしばらく休みます。
z167 (12月16日) 「知力・考え」に関する慣用句(5)


 have a bee in one's bonnet 「ある考えに囚われている, 気が変だ」


直訳: ボンネット帽の中にミツバチが1匹いる
例文:  She has a bee in his bonnet about phone calls; she thinks they are  all hate calls, so she has decided not to answer any of them.
彼女は電話について執着している。 すべての電話がいやがらせ電話だと思い電話に出るのをやめることにした。
 




bonnet は車のボンネット(イギリス英語。 アメリカ英語なら hood) の意味もありますが, ここではあごに紐で結ぶボンネット帽のこと。 イメージ


17世紀のイギリスの詩人ロバート・ヘリック(Robert Herrick) の Mad Maid's Song (1648年)から生まれたと言われています。


Ah! woe is me, woe, woe is me!
Alack and well-a-day!
For pity, sir, find out that bee
Which bore my love away.
I'll seek him in your bonnet brave,
I'll seek him in your eyes;
Nay, now I think they've made his grave
I' th' bed of strawberries.
ああ悲しい, ああ悲しい!
ああ悲しい, ああ悲しい!
後生だから あのミツバチをみつけてください。
私の恋人を連れ去ったあのミツバチを。
あなたの素敵なボンネット帽の中を探してみます。
あなたの目の中を探してみます。
いやいや きっとハチどもはあの人の墓を作ったのでしょう。
イチゴ畑の中にでも。


なお  「気が変だ」という意味でなら have bats in on'e belfry と同じになります。