『ウェールズ語はおもしろい』トップページ       フィードバック   eigo21トップページへ    

ウェールズ語のアルファベットと綴りと発音

 ウェールズ語トップページ+文法  ウェールズ語学書レビュー  ウェールズ辞書レビュー  BBC放送のウェールズ語テレビ講座 BBC放送のウェールズ語ラジオ講座 英語対訳による学習法 英語と同じ綴りの語 数詞 世界で一番長い駅名とその意味 ウェールズ語のおかしな看板 ウェールズ語学習者向けサイドリーダの紹介 ウェールズ語学習者向けサイドリーダの紹介2 『ウェールズの昔話』


このページではウェールズ語の文字と発音について書かれています。 現実の発音を聞きたければBBC放送のウェールズ語テレビ講座BBC放送のウェールズ語ラジオ講座 The Lloydsに行けばよいでしょう。 


ウェールズ語のアルファベットは29あります。   ch,  dd,  ff,  ng,  ll,  ph,  rh,  th はこれで一つのアルファベットになっています。   ng の位置が g の後にあるのが特徴的です。


a   b   c   ch   d   dd   e   f   ff   g   ng   h   i   j   l   ll   m   n   o   p   ph   r   rh   s   t  th   u   w   y


赤字で示した4つの文字で始まる単語は, 緩音現象(mutation)を受けた語以外に存在しません。 つまり辞書の見出し語には dd, ng, ph, th で始まる語はないということになります。 また j は外来語のみに使われます。 本来ウェールズ語には[d]は存在しないため[]で代用し, この音を表す si を使うこともあるらしく, たとえば Japan は Siapan と綴られることもあるようです。


英語と違い k   q   v   z がありません。 [k]音は c が表し, [v]音は f が表します。


【ウェールズ語の綴りと発音】


同じケルト語族でもアイルランド語が綴りから発音を探るのが難しいのに対し, ウェールズ語は容易です。 ほとんどの語が綴りと発音の関係が一致しているからです。  以下私の持っているウェールズ語の入門書にある綴りと発音の説明を参考にしてまとめると以下のようになります。

子音
b [b] 英語と同じ。
c [k] 英語と同じ。
ch [x] ドイツ語の ch と同じ。 
d [d] 英語と同じ。
dd [ð] 英語と同じ。
f [v] 英語と同じ。
ff [f] 英語と同じ。
g [g] 英語と同じ。
ng [] 英語と同じ。
h [h] 英語と同じ。
j [d] 英語と同じ。 本来のウェールズ語にはない音。
l [l] 英語と同じ。
ll [] 独特の音。 舌の先を[l]音を出す位置において息を思い切り出すようです。  
lla だと[シャ]と[ヒャ]がいっしょになったような音に聞こえます。
スペイン語の-ll- とは異なります。
m [m] 英語と同じ。
n [n] 英語と同じ。
p [p] 英語と同じ。
ph [f] 英語と同じ。
r [r] イタリア語,スペイン語などと同じ弾く感じの[r] 。 ただしこれらの言語で聞かれる極端な巻き舌音にはしないようです。
rh [] -ll- と同様独特の音。 [r]を発音するときに息を思い切り出します。 
s [s] 英語と同じ。
t [t] 英語と同じ。
th []  英語と同じ。
上記のほかに si の綴りは [] と発音。  [t]や[z]音はありません。
母音
a 日本語のアに近い。 ただし一部の1音節の語と â は長母音。 
e 日本語のエに近い。 ただし一部の1音節の語と ê は長母音。
i 日本語のイに近い。 ただし一部の1音節の語と î は長母音。 時に半母音[j] 。
o 日本語のオに近い。 ただし一部の1音節の語と ô は長母音。
u 南部では日本語のイに近い。 ただし一部の1音節の語と û は長母音。
北部ではフランス語の u, ドイツ語の ü を唇を丸めないで発音すると Colloquial Welsh (Gareth King )と説明があります。 音声教材を聞くとほとんど [i] と大差ありません。 
w 英語の[u]に近い。 音声教材を聞くと[o]に近い音に聞こえます。 ただし一部の1音節の語と circumflex (^)をつけた w は長母音。 時に半母音[w]。
y (1)ほとんどすべての単音節の語(例:hyn)と多音節の語の最後の音節(例:ydy)では・・・
日本語のイに近い。 ただし一部の語と circumflex (^)をつけた i は長母音。
(2)一部の単音節の語(例:※)と多音節の語の最後の音節以外(例:ydy)では・・・
英語のあいまい母音に近い。
 ※ 冠詞 y, yr / 間投詞 ych /前置詞 yn, yng, ym /所有形容詞 fy, dy /英語からの借用語 syr, nyrs
二重母音  
上記の短母音の組み合わせ。 
ただし ei と eu が正確には[ei]ではないことに注意。 
ae 英語の[ai]に近い。
ai 英語の[ai]に近い。
au (1)英語の[ai]に近い。 ただし北部の[i]は,[i]の口で[u]を発音する感じ。 
(2)複数形の -au は[e]と発音されることが多い。
aw 英語の[au]に近い。
ei (1)あいまい母音に[i]が続く感じ。 
(2) his, her にあたる所有形容詞 ei は[i:]
(3) 「ほしい」の eisiau はイシェ,イショ,イセなどと発音。
eu (1)あいまい母音に[i]が続く感じ。
(2)their にあたる所有形容詞 eu は[i:]
ew 日本語のエウをなめらかに発音。
iw 日本語のイウをなめらかに発音。
uw 日本語のイウをなめらかに発音。
yw 日本語のイウをなめらかに発音。
oe 英語のに近い。
oi 英語のに近い。
ow 英語の[ou]に近い。
wy 日本語のウイをなめらかに発音。


                 





(注) このコンテンツの作成者はウェールズ語の独学者であり専門家ではありません。