eigo21トップページへ      


ぶらりボキャブラ散歩
今日の 気まぐれ英語慣用句 
               
英語慣用句アルファベット順索引
アーカイブス(単語) アーカイブス(慣用句)
音声ファイルがいっぱい! ひとことENGLISH
英語以外の外国語引用索引(主に単語) 
英語以外の外国語引用索引(主に慣用句)
サイト内検索
.土日の更新はしばらく休みます。
z126 (10月20日) 人名を使う慣用句(7)


keep up with the Joneses 「近所の人や世間に負けないように見栄を張る」


直訳: ジョーンズ一家に遅れないでついていく
例文: The people in the area illuminate their houses during the Christmas season to keep up with the Joneses.
その地域の人たちはクリスマス・シーズンになると近所に負けないように家を電飾で飾る。


アーサー・モーマッド(Arthur R. Momand) という漫画家が描き1913年から1941年まで新聞に掲載された Keeping Up With The Jones というマンガから。  これは隣近所への見栄の張り合いをする高級住宅街が舞台で, 短いサイレント映画として1915年から28年にかけて34本映画化されています。


この漫画の主人公は夫妻と娘それにメイドからなるマクギニス一家で, ジョーンズ一家はもっぱらマクギニス一家の会話の中に出てくるだけで漫画には現れない設定になっています。 作者のモーマッドによると, 自身が奥さんと昔住んでいたニュー・ヨークの高級住宅地 Cedarhurst での経験を元に書いたもので, 最初は Keeping Up with the Smiths としようとしたが the Smiths より the Joneses の方が響きがよいのでこれにしたそうです。


 Smith にせよ Jones にせよ, これはもっとも一般的な苗字です。 一方, マクギニス(McGinis)はありふれた苗字ではありません。 しかもマクギニス家の主人はアロイシウス Aloysius と言う, やや変わった名前をしています。 (アイルランドの作家ジェームス・ジョイスの本名は James Augustine Aloysius Joyce です。) keep up with the Joneses というタイトルは, マクギニス一家とジョーンズ一家という対比のおもしろさを狙いつつ, ジョーンズというありふれた名前を付けることで, 隣人と見栄を競い合うのが普通の市民にもあるということを示唆しているとも言えます。