eigo21トップページ  このコンテンツのトップページ

スケッティーノ船長と沿岸警備隊長との間の電話のやり取り 

2011年1月13日(金曜日)に起きたイタリアの豪華客船コスタ・コンコルディア号(Costa Concordia)の座礁事故。

その客船のスケッティーノ・フランチェスコ(Schettino Francescco)船長は乗客よりも先に避難したと非難されました。 
その証拠となる沿岸警備隊長(De Falcoさん)との電話の会話とトランスクリプト(抄出であり一字一句聞き写していません)がウエッブ上に浮かんでいました。

対照的な男二人の対話と漂う緊迫感。 ドラマの一シーンのようです。

私訳を作ってみました。 船長に対して話しているので日本人的に丁寧な言葉遣いにしました。 しかし名前を呼びつけにしたり, cazzo などと言ったり, 何よりも音声の雰囲気からは, もっとぞんざいな口調に訳した方がいいかもしれません。 

出典: Corriere della sera

音声

De Falco: «Pronto? » 
警備隊長:  もしもし。 

Schettino: «Si ( .. .)».
船長: はい。

De Falco: «Sono De Falco da Livorno, l Comandante?».
警備隊長:  私はリボルノのデ・ファルコですが, 船長さんですか。

Schettino: «( .... )»
船長: ( ... )

De Falco: «Pronto? » 
警備隊長:  もしもし。 

Schettino: «Sì, buonasera,  comandante»
船長: はい。こんばんは。隊長。

De Falco: «Senta, sono De Falco da Livorno.  Parlo con comandante?».
警備隊長:  もしもし, 私はリボルノのデ・ファルコですが, 船長さんお願いします。

Schettino: «Sì, buonasera ( .. )»
船長: はい。こんばんは ( ... )

De Falco: «Mi dica il suo nome per favore»
警備隊長: お名前をお願いします。

Schettino: «Sono il comandante Schettino, comandante»
船長: スケッティーノ船長です。

De Falco: «Schettino? »
警備隊長: 船長ですか。

Schettino: «Sì»
船長: はい。

De Falco: «Ascolti,  Schettino. Ci sono persone intrappolate a bordo. Adesso lei va con la sua scialuppa sotto la prua della nave lato dritto. C'è una biscaggina. Lei sale su quella biscaggina e va a bordo della nave. Va a bordo e mi riporta quante persone ci sono. Le è chiaro? Io sto registrando questa comunicazione comandante Schettino...».
警備隊長: いいですか, 船長。 船体に乗客が閉じ込められているんです。 右船首の下にある救命ボートに乗って行きってください。  避難梯子があります。 その梯子に乗って乗船してください。 乗船して何人いるのか報告してください。 わかりましたか? この通話は録音しています, 船長。

Schettino: «Allora, comandante,  le dico una cosa...»
船長: 隊長,一つ言うことが。。

De Falco: «Parli a voce alta. Metta la mano davanti al microfono e parli a voce più alta, chiaro?».
警備隊長: もっと大きな声で言ってください。 マイクロフォンを口の前に持って行き,もっと大きな声で言ってください。 わかりましたか?

Schettino: «In questo momento la nave è inclinata...».
船長: 今,船体が傾いていまして。。

De Falco: «Ho capito. Ascolti: c'è gente che sta scendendo dalla biscaglina di prua. Lei quella biscaggina la percorre in senso inverso, sale sulla nave e mi dice quante persone e che cosa hanno a bordo. Chiaro? Mi dice se ci sono bambini, donne o persone bisognose di assistenza. E mi dice il numero di ciascuna di queste categorie. E' chiaro? Guardi Schettino che lei si è salvato forse dal mare ma io la porto... veramente molto male... le faccio passare un'anima di guai. Vada a bordo, cazzo!»
警備隊長: わかりました。 いいですか。 船首の避難梯子から降りてくる人たちがいます。 その梯子の反対側から上って行け。 子供,女,助けが必要な人いるか教えてください。 それからその分類に入る人たちが何名いるかも。 おわかりですか。 船長は救われてほっとしているかもしれませんが, 私としてはそうはできないのです。  船に戻ってください, この***! 

Schettino: «Comandante, per cortesia...»
船長: 隊長, 何とぞ。。。

De Falco: «No, per cortesia... lei adesso prende e va a bordo. Mi assicuri che sta andando a bordo...».
警備隊長: だめです。 船に戻ってください。  船に戻るとおっしゃってください。

Schettino: «Io sto andando qua con la lancia dei soccorsi, sono qua, non sto andando da nessuna parte, sono qua...»
船長: 私は救命ボートでここにいます。 ここに。 どこにも行きません。 ここにいます。

De Falco: «Che sta facendo comandante?»
警備隊長: そこで何をしているんです, 船長。

Schettino: «Sto qua per coordinare i soccorsi...»
船長: ここから救助の指揮を執っています。

De Falco: «Che sta coordinando lì? Vada a bordo. Coordini i soccorsi da bordo. Lei si rifiuta? »
警備隊長: そこで指揮をいるですって?  船に戻ってください。 船から指揮してください。 拒否しているのですか?

Schettino: «No no non mi sto rifiutando».
船長:  いいえ, 拒否していません。

De Falco: «Lei si sta rifiutando di andare a bordo comandante? Mi dica il motivo per cui non ci va?»
警備隊長:  船に戻るのを拒否しているのではないですか?  なぜ行かないのか理由をいってください。

Schettino: «Non ci sto andando perché ci sta l'altra lancia che si è fermata...».
船長:  私が行かないのはここにもう一隻停泊しているボートがあるからです。

De Falco: «Lei vada a bordo, è un ordine. Lei non deve fare altre valutazioni. Lei ha dichiarato l'abbandono nave, adesso comando io. Lei vada a bordo! E' chiaro? Non mi sente? Vada, mi chiami direttamente da bordo. Ci sta il mio aerosoccorritore lì».
警備隊長: 船に戻ってください。 これは命令です。 他に自分で決めるものはありません。 船長は船を捨てたと宣言しましたが, 私は命じます。  船に戻ってください。  わかりましたか。 聞こえないのですか。 戻ってください。 乗船したらすぐに私を呼び出してください。 そこに私のヘリ救助隊員がいます。 

Schettino: «Dove sta il suo soccorritore?»
船長: 救助隊員はどこにいるのですか。

De Falco: «Il mio soccorritore sta a prua. Avanti. Ci sono già dei cadaveri Schettino».
警備隊長: 船首です。 さあ行ってください。 すでに死者が出ているのです。

Schettino: «Quanti cadaveri ci sono?»
船長: 何人ですか。

De Falco: «Non lo so.. Uno lo so. Uno l'ho sentito. Me lo deve dire lei quanti ce ne sono, Cristo».
警備隊長: わかりません。 一人いると聞いています。 死者が何人いるのか伝えてください。

Schettino: «Ma si rende conto che è buio e qui non vediamo nulla ...».
船長: でももう暗くて何も見えないんですが。

De Falco: «E che vuole tornare a casa Schettino? E' buio e vuole tornare a casa? Salga sulla prua della nave tramite la biscaggina e mi dica cosa si può fare, quante persone ci sono e che bisogno hanno. Ora!».
警備隊長: 船長は家に帰りたいのですか? 暗いから家に帰りたいのですか? 避難梯子を使って船首へ上ってください。 そして何ができるか言ってください。 人が何人いて何を必要としているのか言ってください。 お願いします。

Schettino: «C'è il mio comandante in seconda qui"
船長: ここに副船長もいます。

De Falco: «Come?».
警備隊長: 何ですって?

Schettino: «C'è il mio comandante in seconda qui».
船長: 副船長もいます。

De Falco: «Salite tutt'e due allora. Come si chiama il secondo?».
警備隊長: 二人で上って行ってください。 副船長の名前は?

Schettino: «Dimitri».
船長: ディミトリです。

De Falco: «Dimitri cosa?».
警備隊長: ディミトリ何ですって?

Schettino: «Dimistri Sistini».
船長: ディミトリ・システィーニです。

De Falco: « Salite tutti e due allora. Lei e il suo secondo salite a bordo, ora. E' chiaro?».
警備隊長:  二人で上ってください。 君と副船長が乗船してください。 わかりましたか。

Schettino: «Comandà, io voglio salire a bordo, semplicemente che l'altra scialuppa qua... ci sono gli altri soccorritori, si è fermata e si è istallata lì, adesso ho chiamato altri soccorritori...».
船長: 船に登って行きたいのですが, もう一隻救命ボートがここにあります。 救助隊員が他にいます。 救命ボートは止まったままです。 今私は別 の救助隊員を呼びました。

De Falco: «Lei è un'ora che mi sta dicendo questo. Adesso va a bordo, va a B-O-R-D-O!. E mi viene subito a dire quante persone ci sono».
警備隊長: 一時間, 船長はそうおっしゃっていますが, 船に戻ってください。 船にです。 すぐに返事をよこして何人いるのか言ってください。

Schettino: «Va bene, comandante»
船長:  わかりました, 隊長。

De Falco: «Vada, subito!»
警備隊長: 行ってください。 すぐにです。