eigo21英語学習相談室
   p17 前のページへ もくじへ   トップページへ
  私は現在社会人で英文法を再学習し始めました。しかしながらあまりにも文法の基礎がないために、いきなり高校生用の参考書を見ても頭がついていけません。 中学生用教科書で、英文法を最初から分かり易く説明しているものをご存知であれば教えていただきたく思います。
TOEICにおいては920点と、世間一般ではまあ満足のできる点数を取れており、大学入試における英語問題等でも全問正解を出す事はできます。しかしながらほとんど全ての問題に対して“感覚”で答えてしまうため、文法的にどうしてそうなるのかが良く分かりま
せん。



 
 中学生用の英語教本をお探しとのことですが, いくつかご提案をさせていただきます。


(1) 中学自由自在 英語 (受験研究社)
一般的な高校生向けの文法書が難しいのでしたら, この手の文法書で勉強するのが合っているかともりれません。 中学生用にこだわって文法書をお探しならこれが一番良いと思われます。


(2) これでわかる英文法(文英堂)
   ベストコーチ英文法(受験研究社)
   基礎からはじめるグロウアップ英文法(教研出版)


これらは英語が不得手な高校生向けの参考書ですが英語再入門を考える社会人にも役立つと思われます。


「これでわかる英文法」
その紹介を載せたホームページの記事を見てわかるように
http://www.bun-eido.co.jp/learning/kou/kore_k/kr_k19.html 
文法事項のイメージを持ってもらえるように各章の前に先生と生徒の対話を載せるなど, 自学者向けの参考書です。
文法事項をも中学生レベルと高校生レベルに分けているのも独学者には親切な編集だと思います。


新過程用
http://www.bun-eido.co.jp/learning/kou/kore_k_n/kore_k_n03.html
もありますが, こちらは上記より内容が薄い感じがします(新過程そのものが内容が薄いため)。


ベストコーチ英文法
は自分で空欄を補って参考書を作るサブノート形式です。 この参考書は各文法事項を細かく分けてページの割り振りをしているのが特徴で, 文法のまとめをするには適しています。
単独で使っても良いですが, 文法説明書の理解の補助とするのも良いでしょう。


基礎からはじめるグロウアップ英文法(教研出版)
伝統的な英文法の分類ではなく, その語句の働きから動詞, 名詞とそれと同じ働きをする語句(名詞的用法の不定詞, 動名詞), 形容詞とそれを同じ働きをする文法事項(分詞の形容詞的用法, 形容詞的用法の不定詞, 関係詞)など英語の構造による文類に基づく編集をしているのが特徴です。


英語の構造を鳥瞰的に見て再入門するには良いと思います。 
私も英語は煎じ詰めれば 「動詞・名詞・形容詞・副詞・ツナギ言葉」の5つの働きになると思いるので, この参考書の編集方針は支持しているのですが 基礎にこだわったため物足りない部分があるし, やや癖があるかもしれないので, この参考書が合う学習者,合わない学習者がいるかと思います。


(3) 日本人と英語/続・日本人と英語 マーク・ピーターセン
   英語の感覚・上/英語の感覚・下 大津栄一郎
   日本語・上 / 日本語・下 金田一春彦 
              以上すべて(岩波新書)



これらは学習参考書ではありませんが, 英語と日本語を客観的・相対的に見ることは英語学習, 特に社会人の英語学習には役立つと思います。
 

以上長くなりましたが, 参考になれば幸いです。

 前のページへ もくじへ   トップページへ