eigo21トップページ  英語の勉強部屋 英語の自習室  学習相談室

英文法の質問箱もくじへ

英文法の質問箱
間接疑問文の語順
質問:


はじめて、メールさせていただきます。最近英語学習に目覚めた38歳です。
間接疑問文の語順について以前から気になっていたことがあります。どうぞよろしくお願いします。


 I wonder  what is the use of information. という文は誤りなのか?という疑問です。
間接疑問文は「疑問詞+SV」という語順がルールなので、I wonder what the use of information is. が正しいということは分かるのですが、疑問詞自体が主語の場合「疑問詞+V」という形( I know who broke the window.など) となるので、最初の文にしても、what 自体が主語で、the use of information を補語だと考えるならば間違えとは言えないと思うのですが・・・。教えていただけると幸いです。


 別の例を挙げさせていただくと
 (i) I know who her boyfriend is.     私、彼女の彼氏が誰だか知ってるよ。
 her boyfriendが主語
  (ii) I know who is her boyfriend.   私、誰が彼女の彼氏か知ってるよ。
  whoが主語


どちらでも意味も同じだし正しい英文だと思うし、リズムとしては(ii)のほうが自然なように思えるのです。ちなみに I wonder what is the use of information とパソコンにWORDで入力すると、文法チェックにひっかかりました。 




質問者: マサ×
学年・年齢: 38歳
性別: 女性
回答:

連結詞としてbe動詞を使う Who/What is 名詞?  の場合,多くのネイティブは  
Who/what が補語, 名詞が主語と見るのではないかと思います。 
つまり What is the use of information? は主語が the use of information ということになり,間接疑問文に直すと I wonder what the use of information is.  の方が一般的になると思います。


I know who is her boyfriend. の件に話を移すために一旦,Who is her boyfriend? の訳について考察してみることにします。
Who is her boyfriend? は日本語ですと「彼女の恋人は誰ですか」「誰が彼女の恋人ですか」となり主語は「彼女の恋人」でも「誰」でも両方ありえるように見えます。


しかし後者は「一体誰が」という「誰」を強調しているにすぎず,しいて言えば Whoever is her boyfriend? とか Who in the world is her boyfriend? に当る日本語訳のように思えます。
もちろん Who is her boyfriend? を「彼女の恋人は誰ですか」「誰が彼女の恋人ですか」と訳したところで間違いではないですが,日本語の場合も「誰が〜ですか」は「〜は誰ですか」と比べ,主観的・感情的な色合いが出て, 「〜は誰ですか」の派生的表現に見えるのですが, どうでしょうか。


ここでまた間接疑問文の語順に話を移しますと,I wonder  what is the use of information. や I know who is her boyfriend. と言わないかと言えば, 現実にはこの語順も使われているはずです。
それは現実の英語では間接疑問文が必ずしも 「疑問詞+主語+述語」になっていないことがあるということだからです。 
例えば以下の検索結果を見ればわかります。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&ie=UTF-8&c2coff=1&q=%22know+where+can&lr=
もちろんこれらの用例には英語を第1言語として(母語として)いる人以外のものも含まれるでしょうが, それでもそのヒット数の多さから見て学校文法的には誤っている英語が使われているということになります。


言葉はどこから標準的か標準的ではないかの線引きがときに難しくなります。
今回の場合はかなり正誤判定は難しく,I know who is her boyfriend. が誤りと断定できません。


上の回答に対する質問者からのレスポンス:
たいへん詳しく解説いただき、どうもありがとうございました。
I know who is he? は誤文で、I know who is her boyfriend? は誤文ではないといえるような気がします。