eigo21トップページ  英語の勉強部屋 英語の自習室  学習相談室

英文法の質問箱もくじへ

英文法の質問箱
 過去形と過去分詞のちがい
質問:


過去形と過去分詞はどう違うのですか??


質問者: わた□
学年・年齢: 不明
性別: 不明
回答:

【過去形】
動詞本来の働きは述語動詞として「私は車を使った。」の「使った。」のように主語がドウスル・ドウシタなどを表すことです。 
そして述語動詞は必ず現在・過去・未来などの時を示しています。
つまり過去形は述語動詞の表す時の一つです。


【過去分詞】
動詞は述語動詞以外にも使います。 例えば「昨日使った車は調子よかった。」の「使った」は述語動詞の位置になく, 車の説明として使っています。


このように述語動詞以外の動詞の使い方のひとつが過去分詞で,動詞を形容詞や副詞と同じ使い方にするのが過去分詞の役目です。


具体的には
(1)be動詞+過去分詞で受身の文を作る。
(2)have +過去分詞で完了の文を作る。
(3)名詞+過去分詞(または過去分詞+名詞)で名詞を修飾する。
(4)主語や目的語の補足説明をする。
(5)接続詞を使わないで文と文をつなぐ。(これを分詞構文という)
というような働きをします。


補足説明
1.一部の動詞を除いて過去形と過去分詞形は同じです。 
  語順や構文から形が同じでも区別はつきます。
2. 過去分詞は,名前が過去となっていても過去とは全く関係がありません。


おわかりでしょうか。


一言で言えば「過去形は動詞の時の表しかたの一つ。 過去分詞形は動詞を形容詞や副詞にするための形」ということです。

上の回答に対する質問者からのレスポンス:


ありがとうございますm(__)m謎が解けました!!!これからよろしくお願いします!!